<系統図> <サムネイル>

◇ 新腹足下目 Neogastropoda

 

◎ 軟体動物門 Mollusca

○ 腹足綱 Gastropoda

○ 直腹足亜綱 Orthogastropoda

◇ 新生腹足上目 Caenogastropoda

◇ 吸腔目 Sorbeoconcha

◇ 高腹足亜目 Hypsogastropoda

◇ 新腹足下目 (旧新腹足目) Neogastropoda

アクキガイ上科 Muricoidea

・ エゾバイ上科 Buccinoidea

・ エゾバイ科 Buccinidae

ノシガイ Engina mendicaria

・ フトコロガイ科 Columbellidae

フトコロガイ Pyrene scripta

ヒメイモガイダマシ Parametaria epamella


・ ガクフボラ上科 Volutoidea

・ オニコブシガイ科 Turbinellidae

・ イトグルマ亜科 Columbariinae

イトグルマ Columbarium pagoda


・ ショクコウラ科 Harpidae

・ オニムシロ亜科 Moruminae

コエボシ ? Morum macandrewi ?


イモガイ上科 Conoidea

・ コロモガイ上科 Cancellarioidea




◇ 新腹足下目 (旧新腹足目) Neogastropoda




・ エゾバイ上科 Buccinoidea



・ エゾバイ科 Buccinidae


ノシガイ Engina mendicaria

N1362nosi02.jpgN1485.jpg
A:沖縄県 殻高:16mmB:不明(フィリピン?) 殻高:16mm

分布:房総半島以南、インド洋・西太平洋域 潮干帯、岩礁

Bのものは殻皮が取り除かれています。
Aの方が黄色いのは、おそらく、厚い殻皮に覆われているせいだと思われます。






・ フトコロガイ科 Columbellidae


フトコロガイ Pyrene scripta (Euplica scripta, Euplica versicolor)

フトコロガイ
産地:和歌山県 殻高:9mm
分布:本州中部以南、インド洋・西太平洋域 潮間帯〜20mの岩礁

海藻の上でよく見られます。



ヒメイモガイダマシ Parametaria epamella (P. philippinarum)

Parametaria philippinarumヒメイモガイダマシ

産地:フィリピン、水深10m 殻高:19mm
分布:フィリピン、東南アジア、西太平洋域






・ ガクフボラ上科 Volutoidea



・ オニコブシガイ科 Turbinellidae



イトグルマ亜科 Columbariinae (イトグルマ科 Columbariidae)


イトグルマ Columbarium pagoda f. pagoda 紡績車

Columbarium pagoda
産地:尖閣諸島 殻高:67mm
分布:銚子沖〜東シナ海、20〜300m

殻頂が膨らむのが特徴です。
この部分を胎殻または原殻といいます。






・ ショクコウラ科 Harpidae



・ オニムシロ亜科 Moruminae


コエボシ? Morum macandrewi ? 小烏帽子

コエボシガイ?
産地:沖縄* 殻高:32mm
分布:南日本、中国





*のついた沖縄産のものは、
札なしでまとめ買いしたもので、
自分で適当に調べて表記しているので誤りがあると思います。
正しく同定できる方はコメント欄にでもお教えいただけると大変助かります。




系統図へ戻る

コメントはこちら





投稿 2006/09/12 アクキガイ上科と分離
更新 2005/11/01 ニノミヤオニムシロ、イトグルマ
    2006/09/12 フトコロガイ、ヒメイモガイダマシ
    2008/03/14 ノシガイ、表を改正
    2009/12/02 表修正


 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。