<系統図> <サムネイル>

◇ アマオブネガイ目 Neritopsina

 

◎ 軟体動物門 Mollusca

○ 腹足綱 Gastropoda

○ 直腹足亜綱 Orthogastropoda

◇ アマオブネガイ上目 Neritopsina

◇ アマオブネガイ目 Neritoida

・ アマオブネガイ科 Neritidae

オオマルアマオブネ Nerita chamaeleon

ワニカワカノコ Neritina granosa

テマリカノコ Puperita pupa

ヒメカノコ Theodoxus oualaniensis

・ ヤマキサゴ科 Helicinidae

ロンブロンヤマキサゴ Geophorus romblonensis


モミジヤマキサゴ Waldemaria japonica f. reinii








・ アマオブネガイ科 Neritidae


オオマルアマオブネ Nerita chamaeleon

オオマルアマオブネオオマルアマオブネ
0113oomaruama02.jpg

産地:フィリピン? 殻幅:19mm,18mm
分布:沖縄以南、アフリカ〜太平洋中部、インド洋・太平洋域 潮間帯の岩礫地




ワニカワカノコ Neritina granosa (Clypeolum granosum, Neripteron granosus)

0097wanikawa.jpgワニカワカノコ
0108wanikawa.jpg

産地:オアフ島 殻幅:25mm
分布:ハワイ諸島、淡水




テマリカノコ Puperita pupa

テマリカノコテマリカノコ
テマリカノコ
産地:不明 殻径:9mm
分布:フロリダから西インド諸島、バミューダ諸島 岩礁の潮溜り

英名は"Zebra Nerite"で、訳すと「シマウマカノコガイ」です。
そっちの方がぽいですよね。




ヒメカノコ Theodoxus oualaniensis (Clithon oualaniensis ,Pictoneritina oualaniensis)

ヒメカノコヒメカノコ
産地:オーストラリア ケアンズ 殻径:6-8mm
分布:伊豆半島以南、インド洋・西太平洋域、干潟

「カラー石巻貝」と呼ばれ、淡水水槽の掃除に利用されます。

これは地が淡緑色ですが、他にも黄、ピンクなどを帯びた個体もあり、
変化に富んでいます。








・ ヤマキサゴ科 Helicinidae

陸生の巻貝です。
一見小型のカタツムリのようですが、
石灰の沈着した蓋を持つのが特徴です。


ロンブロンヤマキサゴ Geophorus romblonensis

ロンブロンヤマキサゴロンブロンヤマキサゴ
ロンブロンヤマキサゴ

産地:フィリピン 殻径:13mm
分布:フィリピン ロンブロン島




モミジヤマキサゴ Waldemaria japonica f. reinii

モミジヤマキサゴモミジヤマキサゴ
モミジヤマキサゴ

産地:兵庫県摩耶山 殻径:11mm
分布:本州中部以南、四国、九州 山地の落ち葉の下など

兵庫県南部にはヌリツヤヤマキサゴ W. japonica f. expolita も分布しますが、
そちらは殻の表面につやがあるのが特徴です。

基本種のヤマキサゴ W. japonica はより小型で、
殻表面に成長肋が見られます。








系統図へ戻る
コメントはこちら




登録 2006/02/25 ヒメカノコ、テマリカノコ
更新 2006/03/29
    2006/04/04 ロンブロンヤマキサゴ、モミジヤマキサゴ
    2006/09/20 オオマルアマオブネ、ワニカワカノコ
    2009/12/02 イタリック体


 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。