<系統図> <サムネイル>

・ アクキガイ上科 Muricoidea

 

◎ 軟体動物門 Mollusca

○ 腹足綱 Gastropoda

○ 直腹足亜綱 Orthogastropoda

◇ 新生腹足上目 Caenogastropoda

◇ 吸腔目 Sorbeoconcha

◇ 高腹足亜目 Hypsogastropoda

◇ 新腹足下目 (旧新腹足目) Neogastropoda

・ アクキガイ上科 Muricoidea

・ アクキガイ科 Muricidae

・ アクキガイ亜科 Muricinae

アメリカツブリボラ
Haustellum rubidum

ホネガイ Murex pecten

・ ヒシヨウラク亜科 Muricopsinae

オレンジヨウラク Favartia jeanae

ニクイロヨウラク
Murexiella maculata

・ Ocenebrinae(オウウヨウラク)亜科

ベンテンガイ
Poropteron uncinarius

・ レイシガイ亜科 Thaidinae

・ サンゴヤドリガイ亜科 Coralliophilinae

クチムラサキサンゴヤドリ
Coralliophila neritoidea

カブトカセン
Babelomurex armatus

テンニョノカムリ
Babelomurex japonicus

カセンガイ
Babelomurex lischkeana

ヒメカセン
Babelomurex spinosus

エゾバイ上科 Buccinoidea

ガクフボラ上科 Volutoidea

イモガイ上科 Conoidea

コロモガイ上科 Cancellarioidea







・ アクキガイ亜科 Muricinae

多くは肉食で、他の貝を襲って殻に穴を開けて食べています。


アメリカツブリボラ Haustellum rubidum (Murex rubidus)

アメリカツブリボラ
産地:ホンジュラス 5-10m深 殻高:25mm
分布:北米南東部−ブラジル、浅い海

ひょっとしたら、メッソリウスツブリ Haustellum messorium (Murex messorius ,Murex woodringi)の若い個体かもしれません。




ホネガイ Murex pecten 骨貝 Venus comb murex

ホネガイ
産地:不明 殻高:56mm(棘を含まず)
分布:房総以南、東アフリカ−オーストラリアのインド洋西太平洋域
10-50mの砂地







・ ヒシヨウラク亜科 Muricopsinae


オレンジヨウラク (カタソデトゲヨウラク) Favartia jeanae

オレンジヨウラクガイカタソデトゲヨウラクガイ

産地:フィリピン、40〜60m 殻高:8mm
分布:フィリピン〜インドネシア




ニクイロヨウラク Murexiella maculata (Favartia salmonea) 

ニクイロヨウラクガイ
産地:モザンビーク、サンゴ礁、2〜3m 殻高:19mm
分布:南アフリカ〜フィリピン、インド洋・西太平洋域、熱帯







・ Ocenebrinae(オウウヨウラク)亜科



ベンテンガイ Poropteron uncinarius

Poropteron uncinarius
産地:南アフリカ アルゴア湾 殻高:22mm
分布:南アフリカ





・ サンゴヤドリガイ亜科 Coralliophilinae (サンゴヤドリガイ科 Corallipohilidae,カブラガイ科 Rapidae)

多くはサンゴやヤギ類などの刺胞動物の上で暮らしています。


クチムラサキサンゴヤドリ Coralliophila neritoidea

クチムラサキサンゴヤドリ
産地:フィリピン 殻高:20mm
分布:本州中部以南、東アフリカ、紅海−オーストラリア、インド洋西太平洋域、潮間帯-20m

サンゴを食害します。




カブトカセン Babelomurex armatus

Babelomurex armatus
産地:沖縄* 殻高:27mm
分布:紀伊半島以南




テンニョノカムリ Babelomurex japonicus (Latiaxis japonicus) 天女冠

テンニョノカムリ テンニョノカムリ
産地:沖大東島 殻高:21mm
分布:房総半島−フィリピン、ハワイを含む西太平洋域 30-150m

この個体はまだ幼貝で、成長すると5cmほどになります。
肩の棘はやや内側にカーブし、棘の表面に模様があります。
肩の棘の内側にももう一列棘が並んでいます。




カセンガイ Babelomurex lischkeana 華蘚介

カセンガイ
産地:沖縄* 殻高:39mm
分布:房総半島以南、東アフリカ−ニュージーランド、インド洋西太平洋域、50-200m

成長したテンニョノカムリに似ていますが、
肩の棘が半透明で、上から見るとやや後方に傾いています。
全体に細かい棘に覆われています。




ヒメカセン Babelomurex spinosus (Latiaxis pagodus)

Babelomurex spinosus
産地:沖縄* 殻高:29mm
分布:本州中部以南−オーストラリア、西太平洋域、50-200m





*のついた沖縄産のものは、
札なしでまとめ買いしたもので、
自分で適当に調べて表記しているので誤りがあると思います。
正しく同定できる方はコメント欄にでもお教えいただけると大変助かります。




系統図へ戻る
コメントはこちら

登録 2005/10/01 アクキガイ科
更新 2005/10/23 タケノコガイ科
    2005/11/01 ニノミヤオニムシロ、イトグルマ、イトヒキイモ
    2005/11/05 罫線
    2006/02/20 リンク
    2006/03/06 クチムラサキサンゴヤドリ、テンニョノカムリ
             イモガイ上科と分離、一部名称修正
    2006/03/22 アメリカツブリボラ、ホネガイ
    2006/09/13 オレンジヨウラク、ニクイロヨウラク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。